×

アムウェイのブランド

アムウェイについて

アムウェイ・ビジネス

製品購入/ビジネスを始めるには

メニューボタン
検索
アムウェイ(Amway)ロゴ

日本アムウェイ、若手研究者の支援を拡大
日本ビタミン学会、「若手海外優秀発表賞(アムウェイアワード)」を創設

 日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:ピーター・ストライダム)は、ビタミンおよび健康補助食品業界を牽引する責任ある企業として、国際学会等で優秀な研究発表をした「公益社団法人日本ビタミン学会」に所属する若手研究者を顕彰し、国内はもとより国際的に活躍できるための渡航支援を目的とする、「若手海外優秀発表賞(アムウェイアワード)」を創設しました。

 近年、ビタミン学は栄養学や生化学、分子生物学などの領域にとどまらず、遺伝子学、免疫学、更にはがん研究などを取り込んでその分野はますます広がっており、国際的にも関心が高まっています。

 2017年6月9日(金)から10日(土)の2日間、横浜市開港記念会館で開催された、「日本ビタミン学会 第69回大会」では、「ビタミン・バイオファクターによる健康寿命の延伸」をテーマに掲げ、健康維持・疾病予防効果について最新の治験が紹介され、国民の福祉向上、ウェルビーイングの実現等、多くの講演が行われました。

 また当大会において、今回創設された「若手海外優秀発表賞(アムウェイアワード)」の表彰式が行われ、対象者である40歳未満の正会員・学生会員の中から、当学会の厳選なる選考の上、以下3名の方に日本アムウェイの政府・渉外本部ディレクターであるマーク・ディビッドソンより表彰状と賞金が授与されました。

「若手海外優秀発表賞(アムウェイアワード)」表彰式
  • (写真左:白井将志さん、中央:沖廣俊介さん、右:伊美友紀子さん)

伊美 友紀子さん(徳島大学大学院 医歯薬学研究部臨床食管理学分野)

「遺伝子解析の実験を毎日してきたことが評価され、大変光栄に思っています。今後も人の健康に役立つように、より一層研究に励みたいと思います。」

沖廣 俊介さん(芝浦工業大学大学院 理工学研究科)

「認識機能低下のメカニズムについて研究をしてきました。今回の研究が何らかの手がかりとなり、アルツハイマー等の治療や早期発見に繋がればと思っています。この受賞を糧にして、これからも頑張っていきたいです。」

白井 将志さん(芝浦工業大学大学院 理工学研究科)

「このような賞をいただき大変光栄です。ビタミンEが脳に及ぼす影響等脳の病気のメカニズム解明について研究をしてきましたが、これまでご支援いただいた皆様に心から感謝いたします。」

公益社団法人日本ビタミン学会 会長 重岡 成 氏

公益社団法人日本ビタミン学会 会長 重岡 成 氏

「受賞者の皆様におかれましては、心よりご祝辞申し上げます。日頃のたゆまぬ努力の賜物と存じます。若手研究者が活躍できるフィールドを広げ、さらに業界の活性化の機会となりますことを大変嬉しく思っております。若手海外優秀発表賞(アムウェイアワード)の受賞をきっかけに、それぞれの研究を通して一層のご活躍を期待しております。」

日本アムウェイ合同会社 政府・渉外本部 ディレクター マーク・ディビッドソン

日本アムウェイ合同会社 政府・渉外本部 ディレクター マーク・ディビッドソン

「この度は、若手海外優秀発表賞(アムウェイアワード)の受賞おめでとうございます。昨今の若手研究者は、国内での研究にとどまり、更なる研究を求めて海外に出ることが少なくなっているように感じます。私たちは、若手研究者が海外に出向き、多種多様な議論や考察を通して、自身の能力をより一層高めていただきたいと思っております。」

■公益社団法人日本ビタミン学会

 日本ビタミン学会は、1949年5月に設立されて以来、60年以上に渡り世界に類のないビタミン学に特化した学会として、ビタミンの進歩と発展に大きく貢献してきました。
 日本アムウェイは当学会の賛助会員であり、他会員企業や研究者との相互交流を図り、また未来を担い社会で活躍する若手研究者の支援を行うことで、今後も人々の健康の増進や予防医学の発展に貢献できるよう努めて参ります。

公益社団法人日本ビタミン学会ホームページはこちら

■アムウェイについて

アムウェイは売上世界No.1のダイレクトセリング企業※1です。ミシガン州エイダに本社を置き、世界100以上の国と地域で事業を展開しています。企業ビジョン「Helping People Live Better Lives」のもと、良き企業市民として人々がより良い暮らしを実現するためのパートナーになることを目指し、日常的に使用する様々な製品を提供しています。売上上位には、栄養補給食品ブランドの「ニュートリライト」(売上高世界NO.1※2)、スキンケアやメイクアップ製品の「アーティストリー」(売上高世界TOP5※3)、浄水器ブランドの「eSpring」(売上高世界NO.1※4)などがあり、日本では200以上の製品を展開しています。また社会貢献活動の一環として、東日本大震災の被災地復興支援プロジェクト「Remember HOPE」に力を入れており、活動の中心となるコミュニティハウスの建設支援を通じて、地域の人々が集う場と機会の提供を行っています。

  • ※1 2017年 Direct Selling News誌の Global 100ランキングに基づく
  • ※2 ユーロモニターインターナショナル調べ:ビタミンと栄養補給食品カテゴリー:世界市場:小売金額 2015年
  • ※3 ユーロモニターインターナショナル ビューティ&パーソナルケア 2016 「2015年グローバル小売売上に関する調査」ビューティ&パーソナルケア 高級化粧品・スキンケアブランド分野
  • ※4 2016年 グローバルセールスに関するヴェリファイマーケット社調査に基づく
  • ツイート
  • シェア
  • lineで送る
TOPに戻る